注文住宅の醍醐味は、施工した時の達成感と一生続く愛着です

注文住宅のメーカー選びのコツ

シックなソファ

数年前に注文住宅で家を建築しました。たくさんのハウスメーカーがある中で、なぜそのメーカーを選んだのかと言うと、一言で言うと『人』、特に接客してくれた営業マンの方が一番信頼できたからです。今の家はどこのメーカーでもしっかりとした耐震性、気密性に優れているのは当然のこと。質は正直そこまで大差ないのではと思いました。
では、何が重要なのかと考えたときに注文住宅は、契約してから家に実際住み始めるまで早くても半年くらい、長ければ一年を超えてそのメーカーさんと打ち合わせを重ねるということに気づきました。つまり、そのメーカーの人といいお付き合いができることが重要なのではと考えたのです。
メーカーによっては、残念ながら売ることに必死で親身になってくれないところもありましたし、他メーカーの悪口ばかり言う人もいましたし、知識が希薄で信用できな人など、様々な方がいらっしゃいました。
ところが、私が選んだメーカーさんの営業マンさんは家だけではなく、住宅ローンや税金など幅広い分野に対しての知識もありましたし、話をしていて信用できる、安心できる人だったんです。この人となら長い付き合いができると思って契約しました。
打ち合わせが進むにつれ、営業マン以外の社員さんともたくさん会う機会がありましたが、本当にみんないい人たちばかり。人がいいメーカーは家もよくて当たりまえ。今、そのメーカーの注文住宅で毎日快適に過ごしています。

注文住宅と規格住宅

注文住宅の良いところは法規制の範囲内にはなりますが、間取りなど設計の自由度が高いことです。注文住宅は一人一人のオーダーに合わせるために打ち合わせを入念に行い、間取りも納得いくまで書き直してもらうことができます。注文住宅には手間隙がかかっている分だけ住む人の要望に合った家にはなりますが、価格も高くなります。
それに対してある程度、形の決められている規格プランの住宅もあります。この規格住宅の場合には、平均的な無難な設計になっていることが多く、あらかじめ間取りが決められているので、打ち合わせや建築にかかる費用を安く抑えることができます。多少の変更は可能かもしれませんが、安い分自由度が制限されてしまいます。
我が家がプランを出してもらったハウスメーカーでは細かい変更は無理でしたが、間取りの図面を反転させたり回転させることは可能でした。間取りにこだわりがあまりなく、予算に都合があるのなら、規格プランの中に希望に近い物がないか探してみるのも1つの手になりますね。規格住宅は作り手の方も似たような住宅を数多く作る事になるので安定した作業が期待できます。
こだわりぬいた特色は無いかもしれませんが、安定したデザインの値段のわりに質の良い家になると思いますよ。

愛着の湧く注文住宅!

2年前に注文住宅で一戸建てを建築しました。タイトな打ち合わせスケジュール、想像以上に決めることが多すぎてパンクしそうになりましたが、メーカーさんや家族で念入りに相談して決めて造り上げられた家にはとても愛着があります。元々主人がこだわりが強い方なので、注文住宅が合っていたのだと思います。地鎮祭から始まり、更地でご祈祷して、これからここに住むんだという実感が湧きました。
現在の住まいと新築場所が近ければの話ですが、建売では見られない基礎や骨組みなど建築経過も見ることができ、サンプルや画像で思い浮かべていたイメージが形になっていくのを目にして、感動したのを覚えています。打ち合わせを重ねていくうちに、図面なんてサッパリだった私もいつの間にかある程度は理解できていました。間取りや生活導線はもちろん、収納の場所や広さも把握していたので、引っ越し後の片付けもスムーズでした。家は3回建ててやっと満足すると一般的には言われていますが、現実的には無理でもその通りだと思います。
しかし、イメージには限界があり、実際住んで生活してからでないと分からないことがあるのは当然です。こうしたらよかったという箇所は幾つかありますが、愛着は変わりません。注文住宅の醍醐味は、施工した時の達成感と一生続く愛着だと私は思います。

予算内で満足できる注文住宅

住宅購入は人生において最も高価な買い物となっており、なかなか購入を決断する事も困難となっていらっしゃる方も少なくありません。しかし近年は、所得が高額でない方であっても支払額が適度に設定する事も出来るとあり、多くの方が住宅を購入されております。
そんな住宅購入において、建売住宅にしようか注文住宅にしようか悩んでしまう方もいらっしゃいます。その中でも、多くの方に人気となっているのが注文住宅です。そんな魅力満載の注文住宅についてご紹介します。住宅購入において、家主が最もきになってしまうのがやはり住宅の価格です。折角の機会だからと言って、あらゆる面を最高レベルで求めてしまうと住宅の価格も高くなってしまいます。
その為、予算オーバーとなってしまいますが、誰しも拘りというものを持ち合わせています。注文住宅の魅力な箇所はやはり拘りを強くしたい箇所とそれ程拘らない箇所を自在に設計出来る事です。仕事や趣味事でフルに活用する箇所はとことん予算を費やし、日常生活においてそれ程重要とならない箇所は予算を掛けずに設計する事が可能となっており、当初から考えていた予算内で満足出来る住宅を購入する事が出来ちゃうのです。注文住宅は如何様にも予算内で満足出来る空間を造る事が出来るのです。


これから住む家を探しているならつくばで注文住宅を購入してみませんか。注文住宅というのは自分のデザインが取り入れられるので愛着がわき、住みやすさも抜群となります。そんな素敵な注文住宅がつくばでお手頃価格で購入できるとなればも逃せませんよね。ぜひ立地も良いつくばで注文住宅を購入することを検討してください。

LATEST ARTICLE

注文住宅の家づくりを楽しんでください

注文住宅と建売住宅の大きな違いは、入居日です。注文住宅は契約してから設計やインテリアなどの細かい打ち合わせを経て、家の完成を待ちます。…

ベットルーム

注文住宅を建ててもらう業者決定後の選択肢

夢のマイホームを購入しようと考えた場合、注文住宅を建てるのか、それとも建売住宅を買うのかを選択しなければなりません。今回は注文住宅の業…

清潔感のある部屋

注文住宅の打ち合わせは納得がいくまで…

2年前に注文で建築した一戸建てに住んでいます。建売で気に入った物件があれば、注文住宅より割安なので視野に入れていましたが、いくつかの分…

ロイヤルな部屋

注文住宅での子供部屋の間取りについて

注文住宅を建てる場合の子供部屋の間取りについて書きます。子供の居るご家庭やこれから子供を作ろうと考えているご家庭では、注文住宅…

デスク